テニスで賭ける方法 – 5つのコツと戦略

テニスライブ中継

ここ10年でテニスの賭け、特に男性側は諸刃の剣のような状態です。「ビッグスリー」のノバク・ジョコビッチ、ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダルが率いていて、過去21のメジャー大会で18大会制しています。一方で、スポーツの予測性は利益が上がるベッティングにつながるべきです。逆に、彼らの試合のマネーラインは、普通はとても高く、お金を稼ごうと思ったらかなり大きく賭ける必要があります。

接戦記録

試合で賭ける前に2人の接戦記録を見るべきであるということは言うまでもありません。

他のことと同様に、プレーヤー間の過去の対戦記録が多いほど、起こることを予測しやすくなります。ベッターは、あまり知られていないプレーヤーや過去にあまり対戦していない試合に賭けているオッズメーカーで利点をもっと得る可能性があります。ベットなどのハンディキャップにプレーヤーの知識をもっと取り入れますが、熱心なテニスウォッチャーは適切な時に置く可能性があります。

サーフェスに注意する

普通のテニスファンなら、ラファエル・ナダルはクレーコートが得意であるということを誰でも知っています。ナダルの19のメジャータイトルのうち、12のタイトルは全仏オープンのクレーコートで獲得したものです。このように、ノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーは世界ランキング1位で全仏オープンに参加することがよくありますが、トーナメントではナダルが圧倒的に本命です。

クレーコードでのナダルの腕前は幅広く知られた特徴のひとつですが、あまり知られていない規模の他のプレーヤーの試合は、特定のサーフェスにもっと適しています。速いサーフェスではリターンが難しくなってサーブが優勢になるので、サーブが得意な選手はハードコートでプレイすることを好みます。サーフェスが短いポイントを作り出す傾向にあるので、サーブアンドボレーのメリットを利用したい選手には芝生のコートが有利です。

最近のコンディションが大事

テニスのメジャー大会では小さなサーキットトーナメントよりも賭ける金額が非常に大きいことは理解できます。ですが、メジャーに次第に移っているプレーヤーのパフォーマンスをリサーチする人にはまったく別の利点があります。

テニスでは、プレーヤーが勝つチャンスの最も重要な要因のひとつは、どんなコンディションにいるかということです。恐らく、今後のメジャートーナメントに備えて、多くの小さなトーナメントをスキップするプレーヤーがいます。これは、多数のチームスポーツで議論されているお決まりの「休息 vs. 劣化」の主張を持ち出すものです。年配のプレーヤーは休息からメリットを得ることがありますが、現在大きな負担がない時にはプレイしないプレーヤーもいます。

将来を見る

テニスベットでうまくペイアウトを手に入れるもうひとつの方法は、将来に賭けることです。フューチャーベットはメジャートーナメントではより一層提供されています。ですが、誰がトーナメントに勝つかというところから、準決勝で誰が勝つかというところまですべてが提供されます。

ノバク・ジョコビッチは、開始前には今年の全豪オープンに勝つ、まさに有力候補として考えられていました。ですが、タイトル獲得にフューチャーオッズは+120であったことを知って驚くかも知れません。ジョコビッチは、ティームを5セット目で負かすまで、取られたセット数はわずか1セットでした。決勝はジョコビッチの支持者は少し心配したかも知れませんが、確かに事前に6試合でテストされていませんでした。このように格安品だったようなトーナメントでのプラスオッズでジョコビッチを手に入れることを主張できました。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *